ロゴ

関連記事

学習におよぼす睡眠不足の悪影響

  • ストレス
▼この記事をシェアする

アメリカ睡眠医学会が発表した調査によると、睡眠不足という状態は、大量の酒やマリファナを摂取した状態と同等の影響を学業の成績におよぼすことが明らかになりました。

睡眠不足の状態で講義を受けていた学生の多くは、十分な睡眠を取っていた学生よりも低い成績を取り、中には落第する学生もいたそうです。

 

これらの例のように睡眠不足が学習におよぼす悪影響は、非常に大きいです。

人生のどの段階においても、学習は大切で、情報を保持する能力が何より重要になります。

学校に通っている間も、社会に出てからも 「なにかをやり遂げる」という名のもとに睡眠を犠牲にする人は多いが、「作業すること」と実際に効果をあげることでは大きく異なります。

 

睡眠を削ってしまうと、作業する時間は確実に増えますが、作業の質や効率性は損なわれてしまいます。

医学雑誌「ランセット」に掲載された、医師を対象にした調査によると、睡眠不足の医師は、十分な睡眠を取った医師に比べて業務を完了させるのに14%長くかかり、ミスする確率は20%以上高かったそうです。

 

睡眠不足の状態では、同じ業務をこなすのにより多くの時間がかかるばかりか、自分のミスの後始末をする時間まで必要になってしまいます。

 

眠い目をこすりながら、なにかに取り組むのをやめて、睡眠の十分な確保を一番に考えた時間の使い方を意識すると、やるべきことを短い時間で効率よく終えられるようになります。

問題を解決する時も、脳の必要な部位をスムーズに機能させられ、より効率的に物事をすすめることができるようになるでしょう。

 

参考文献:ショーン・ティーブンソン著 『SLEEP 最高の脳と身体を作る睡眠の技術』