ロゴ

関連記事

睡眠不足がもたらす弊害

  • ストレス
▼この記事をシェアする

ストレス社会と呼ばれる今、さまざまな要因がストレスなり「不眠症」で悩んでいる人の割合は増加していると言われています。

あまり眠れなかった翌日に「頭痛がする」「日中眠たくなる」といった症状を感じた事がある人も多いのではないでしょうか。

では、こういった日が続くと身体にはどんな影響が生じるのでしょう。

 

長期的な不眠は身体に重大疾病のもとになる

睡眠不足がつづくと、免疫系の衰え、糖尿、がん、肥満、鬱、物忘れの増加などに繋がる事が分かってきました。

 

睡眠とダイエット

カナダ内科学会が発行する「カナディアン・メディカル・アソシエーション・ジャーナル」誌に睡眠不足がダイエットに直接関係することを実証する実験が載っていました。

被験者全員が同じ運動をして同じ食事を取っていたにもかかわらず、睡眠不足のグループ(毎晩6時間未満)は、毎晩8時間以上眠ったグループに比べて一貫して体重や体重や脂肪が減りませんでした。

 

睡眠と心疾患

たとえば、アメリカ睡眠医学会が発行する『スリープ』誌の記事によると、14年間に9万8000人を調査した結果、睡眠時間が4時間未満の女性は、心疾患によって死期が早まる確率が2倍に高まるそうです。

これは女性の例ですが、男性の方がただでさえ心臓病で死亡する確率が高く、そこに睡眠不足という要素が加わることを考えると、男性も油断できません。

WHO(世界保険期間)が14年にわたって657人の男性を追跡調査した研究があります。

それによると、睡眠の質が低い男性は心臓発作を起こす確率が2倍に上昇したほか、実験期間中に発作を起こした確率が2倍に上昇したほか、実験期間中に発作を起こした確率は4倍近くになったそうです。

 

いかがでしたでしょうか。

睡眠時間が短い状態が数日続いても、頑張って耐えてしまう人が多いと思いますが、それが何週間、何か月、何年と睡眠不足が続けば、深刻な問題に繋がる可能性があります。

そうなる前に小さな睡眠負債を解消していきたいですね。

 

参考文献:ショーン・ティーブンソン著 『SLEEP 最高の脳と身体を作る睡眠の技術』